【簡単!】エックスサーバーで常時SSL化したWordPressをインストールする方法(サーバー契約編)

Pocket

無料で使えるWordPressは世界中に多くの利用者、開発者がいて、テーマ(テンプレート)やプラグイン(拡張ツール)が多彩で、かつ豊富に提供されていることが人魅力のCMSツールです。
初心者でも簡単にデザインが良いサイトを簡単に構築することが可能です。

WordPressは元々ブログ用のCMSで、導入のためのハードルが比較的低く、熱心なユーザーや開発者によって、活用情報の交換や、新しいテーマやプラグインの開発が活発に行われてきました。そのため、現在ではブログに限らず、多くの企業や店舗のコーポレートサイトはもちろん、会員制のWebサービスなど、さまざまな目的、構造、機能のサイトに採用されています。

 

ブログを書くだけでしたら無料ブログのツールで良いのでは?と思われがちですが、確かに無料ブログは簡単にブログが作成・更新が出来てある程度のデザインも変更が出来ます。しかし、無料ブログのページは勝手に広告表示がされたり、アフィリエイトが禁止などの制約が定められているケースがほとんどです。

特に、アフィリエイター御用達のコンテンツ連動型広告配信サービスの「Google Adsense」は無料ブログでは審査できない仕様になりました。これからサイト運用やアフィリエイトなどを始める方は、無料ブログではなく、オリジナルの独自サイトを持つ方が将来的に有利だと思います。

 

WordPress導入に必要なことは?

自分のサイトを持つには「独自ドメイン」と「サーバー」を取得・契約する必要があります。それぞれ契約する必要がありますが、ほとんどのサーバーホスティング会社はドメインを契約する機能も兼ね備えているのでそれらを利用するのがよいでしょう。

サーバーの選び方

サーバーのサービスにはいくつか種類があり、サービスの内容や利用料が異なります。どのサービスも一長一短がありますが、初心者だったら「共有サーバー」が低価格、かつ専門知識が不要という点でおすすめです。

サーバーの事業者にはさまざまな会社やサービスがありますが、今回は初心者に優しく、WordPressの設置が簡単なエックスサーバー を利用しての導入方法をお伝えします。


スポンサーリンク

 

エックスサーバーの契約方法

エックスサーバーのサイトにアクセスして、「お申込み」をクリックします。

 

②お申込みの画面は↓の画像のようになります。まずは「お申込みフォーム」をクリックします。

 

 

③新規のサーバーを申し込む場合は「初めてエックスサーバーをご利用の方」の「サーバー新規お申し込み」をクリックします。

 

 

④申し込み情報を入力します。

サーバーID(初期ドメイン):半角英数字で任意の文字を入力します。何でも良いですが、すでに他者が取得済みのIDは申込できません。

プラン:初期の段階では「X10」のスタンダードプランで大丈夫です。

その他:メールアドレスや名前などの必須項目を入力していきます。

確認画面で内容を確認しOKであれば「お申込みをする」をクリックします。

 

 

⑥申し込みが完了すると、申込時に登録したメールアドレス宛に「アカウント情報」が記載されたメールが届きます。

 

⑦メール本文に記載がある「インフォパネル」へアクセスし、会員IDまたはメールアドレスとパスワードを入力してログインします。これで契約手続きが完了しました。

 

サーバーの契約が完了したら、次は自分のドメインを取得しましょう! ドメイン取得編はこちら